MQL5 Cloud Network

MQL5 クラウドネットワークとは

10年以上にわたって メタクォーツソフトウェア社 は、投資市場において非常に有用で信頼性の高いトレードツールの開発に大いなる成功を収めてまいりました。何年もの間、様々な国の投資家より、MetaTrader トレーディングターミナルの多機能性は称賛されてきました。現行バージョンであるMetaTrader 5 は、よりパワフルで使い勝手がよく、様々な発展性を持ちます。

MetaTrader 5 トレーディングターミナルを使えば、通常の取引売買はもちろん、日々の金融市場の分析や、トレードの判断などの自動化が可能です。自動売買の有効性をお楽しみいただくために、ターミナルは特別な MQL5 プログラム言語 を備え、エキスパートアドバイザー(通称「EA」。自動売買ロボットのこと。)と呼ばれる自動売買システムを作成する事が出来ます。

トレーダーは、付属のMetaEditor 5 というMQL5 開発環境を使って、自分の自動売買ロボットを開発します。しかし、実際にそれらのロボットを現実の口座で動かす前に、過去のデータをもとにバックテストをする必要があり、それに役立つのが、MetaTrader 5 ストラテジーテスターです。

ターミナルの機能であるストラテジーテスターは、最新の技術を考慮しデザインされています。全てのCPUコアを使い、64ビットの Windows XP/2003/Vista/2008/7 に対応しています。

ストラテジーテスターは、エキスパートアドバイザーの最適化にも使われます。例えば、自動売買システムのどのようなパラメーターが、最大の利益を生むかなど、様々な最適条件を計算します。最大効率を見つけるためには、多くの違うインプットパラメーターの組み合わせで、エキスパートアドバイザーのバックテストを何回もしなければなりません。そしてここに、最適化プロセスを飛躍的に加速するための最新の革新的なコンセプトが、搭載されました。 - タスク分散型 テスティングエージェントです。

マルチスレッドバックテストというアイデアは、シングルスレッドのモデルよりも最適化プロセスを速めると考えられます。しかし、アイデアは、そこに留まりませんでした。リモートテストエージェント の開発です。それは、ローカルネットワークの空いているコンピューターに簡単にインストールできます。このようにして、トレーダーは、トレードシステムの最適化のためのクラスターを構築することが出来るのです。

MQL5 クラウドネットワークのアクセスポイントの分布地図

MQL5 クラウドネットワーク分散型コンピューティングシステムは、リモートエージェントというアイデアの当然の帰結です。もう、ご自分のコンピューターを使って計算用クラスターを構築することなく、何千というコンピューターの計算能力を利用できるのです。

MQL5 クラウドネットワークは、世界中のコンピューターを繋いだ、分散型コンピューティングネットワークです。それは、様々な問題の解決に寄与することでしょう!

MQL5 クラウドネットワークの機能とは>>