MQL5 Cloud Network

MetaTrader 5 ストラテジーテスターエージェントのダウンロード

MQL5 ストラテジーテスターエージェントインストーラーをダウンロードして、MQL5 クラウドネットワーク分散型コンピューティングシステムに参加しよう。インストールは簡単です。数クリックで完了します。インストールするフォルダーとスタートメニューのフォルダーを選べば、インストールの完了です。

MetaTrader 5 ストラテジーテスターエージェントのインストール

それにより、テスティングエージェントが、最も近い MQL5 クラウドネットワークアクセスポイントのネットワークマネージャーに接続され、計算タスクを受け取ることができるようになります。

MQL5 クラウドネットワークへの参加

MetaTrader 5 ストラテジーテスターが、論理コアの数を自動的に検出し、相当数のテスティングエージェントをインストールします。初期設定では、全てのエージェントのパスワードは、"MetaTester" に統一されています。全てのエージェントのIPアドレスは同一ですが、ポート番号はそれぞれ違います。他のポート番号も表示され、また、パスワードを変更することも出来ます。設定変更は、MQL5 クラウドネットワーク機能には影響しません。

MetaTester 5 テスターエージェントマネージャーにおけるテスターエージェントの設定

エージェントのリソースを有料で貸し出すためには、"MQL5.community アカウントを通じてコンピューターリソースを販売する" をチェックし、MQL5.community の正しいアカウント名を設定して、コンピューターリソースの使用料が入金されるようにします。

テスターエージェントのリソースをMQL5 クラウドネットワークでの計算に投入

最後に、「スケジューラー」タブで、エージェントのMQL5 クラウドネットワークでの使用許可時間を設定します。例えば、あなたがCPUパワーを必要とする仕事にコンピューターを使用する時間帯は、タスクの計算を禁止する事が出来ます。

MQL5 クラウドネットワークでのテスターエージェントのスケジュール設定

エージェントの設定はそれだけですが、その他のエージェントに関する操作は、右クリックで表示されるコンテキストメニューから行います。エージェントを選択し、必要な操作が出来ます。: 停止、再スタート、削除など

MetaTrader 5 テスターエージェントマネージャーからのエージェントの管理

ここでMetaTrader 5 エージェントマネージャーのウインドウは閉じます。エージェントは、サービスとして起動され、あとは気に掛ける必要はありません。これらの設定は、スタートメニューまたはデスクトップアイコンからMetaTrader 5 ストラテジーテスターマネージャーを起動し、いつでも変更する事が出来ます。

また、エージェントの管理は、MQ5.communityのプロフィールページからも出来ます。「エージェント」セクションに、全ての必要なデータがあります。それぞれのエージェントにマウスカーソルをポイントすると、「停止」、「削除」などのオプションが現れます。

MQL5.community プロフィールページのテスターエージェント

もしあなたが余剰CPUキャパシティーをお持ちで、MQL5 クラウドネットワーク分散型コンピューティングシステムに参加されるのでしたら、MQL5 ストラテジーテスターエージェント (Windows, 5 Mb)をダウンロードするだけです。